仕入れてはいけないギター

今日は、

 

仕入れてはいけないギター

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で

仕入れの際に、

 

気をつけたい点が

いくつかあります。

 

その中で気をつけたいのが、

仕入れの際の

 

「ギターとしての価値判断」

 

です。

 

ギターを購入してくれる方は、

 

プレイヤーだけでなく、

コレクター、

 

あるいは海外の楽器店

の場合もあります。

 

気をつけないといけない点は、

 

ギターとして、

 

「演奏できない商品を

販売しない。」

 

ことにも、気をつけてください。

 

ギターの価値は、

コレクターにとっては

 

演奏性とは関係ないかも

しれないですが、

 

演奏できないギターが

世の中にたくさん出回っており、

 

それに群がっている人が

たくさんいるという事実です。

 

そんな、ギターが欲しいと言う人

もいるわけですが、

 

商品としての価値がなければ

販売した場合、

 

返品やクレームの対象となり、

 

セラーとしての立場が

危うくなるからです。

 

たとえば、

ヤフオクなどには、

 

激しく破損したギターが

出品されていたりします。

 

個人で購入して、

修理して演奏するのであれば

問題ないのですが、

 

ギター転売の場合は、

修理をせずに、

 

そのまま

転売するわけですから、

 

こんなギターは

仕入れてはいけないです。

 

修理に高額な費用が

かかる上に、

 

修理後販売しても、

クレームが来て、

返品の可能性もあります。

 

このようなことから考えると、

 

修理が必要なギターは

仕入れない方がよいです。

 

修理の基準ですが、

これは、人によりことなると

思います。

 

演奏できない。

大きな損傷がある。

 

こんなギターは避けるべきです。

 

慣れないと

わかりにくい場合もあります。

 

私に連絡して下されば、

私なりの回答を差し上げます。

 

 

本日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160905_kachinashi.MP3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です