ギターを弾くことのススメ

今日は、

 

ギターを弾くことのススメ

 

について、お伝えします。

 

今日はいつもと少し違った

話をしますね。

 

私からの情報は、

ギター転売で稼ぐことを

目的としているのですが、

 

多くの方がギターを自分で

演奏されている、あるいは

触ったことがある、

 

こういった方だと思います。

 

ところが、私のところに

連絡してくる方で、

 

いままで全くギターを

触ったこともない、

演奏したこともない、

 

こういう方もおられます。

 

そんな方は、ぜひ、一度

最寄りの楽器店を訪れて、

 

ギターを触って、弦をはじいて

みて下さい。

 

ギター転売では、

仕入れてはいけないギターや

 

ココを見て欲しい、

と言う場所があります。

 

それは、ギターを演奏する上で

大切なポイントになっている場所です。

 

どうして、ココが大切なのか?

 

その部分に問題があると、

どうして仕入れてはいけないのか?

 

これを理解するには、

ギターを手にして、

音をならしてみるとわかります。

 

そして、

いろいろなギターに触れることで、

 

ギターごとの違い、

 

たとえば、木の材質や

ボディーのサイズにより

ギターの音質が変わること、

 

ボリュームや、

各弦の音量やバランスが異なることが

理解できます。

 

店舗に行って、購入する必要はないです。

 

店員さんと話して、自分の好きなギターを

探していると言えばいいわけです。

 

質問すれば、キチンと返事が返ってきます。

 

これをやっているうちに、

だんだん

 

ギターの知識や、

ギターを販売しているときにもらう

質問の意味がわかってきます。

 

これを繰り返すといいです。

 

きっとあなたのギター転売も

されにスムーズに進められると

思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください