ギター転売で新品を扱う場合の注意点

今日は、

 

ギター転売で新品を扱う場合の

注意点

 

について、お伝えします。

 

わたしは、

アコギのギター転売では、

基本的に、

新品は扱わないことにしています

 

その理由は、新品ならば、

楽器店が総代理店から

安価に仕入れることが

できるので、

 

価格面では、どうしても

楽器店には劣るからです。

 

また、新品を扱うと言うことは、

同商品を扱えば、

 

他のセラーとは、

価格以外では差別化出来ない

ことになりますから、

 

いかに多くの商品を出品しているか、

専門店化しているか、

 

これが重要な売り上げ増の

ファクターになるからです。

 

一方で、エレキギターの場合は、

話が少し異なっています。

 

エレキギターの場合は、

国産エレキギターの品質が

非常に高いので、

 

海外では、入手しづらい

新品の国産エレキギターの販売は、

比較的有効だと思います。

 

なぜなら、日本国内なら、

新品のギターを入手しやすく、

 

また、価格も安価な商品から

vintageギターまでいろいろ

そろうからです。

 

ギターを購入する人は、

色々な方がいます。

 

新品のギターが好きな

初心者の方。

 

中古品でも音のイイギターを

ほしがる方。

 

本当に様々です。

 

ですから、売れ筋のギターは

あるのですが、

 

出品したギターが売れるかどうか

わからない場合もあります。

 

そんな時には、テスト販売です。

 

テスト販売してみると、

人気があるかどうか

わかりやすいです。

 

この繰り返しです。

 

これを、スピード感をもって

ドンドンやってみてください。

 

きっと売れるギターが

わかって来ますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください