無在庫販売で仕入れるギターが売れてしまってないときの対処方法

今日は、

 

無在庫販売で

仕入れるギターが売れてしまって

ないときの対処方法

 

について、お伝えします。

 

多くの方が無在庫販売で

ギター転売をやられていると

思います。

 

資金がなくてもできて、

しかも、リスクもないので、

無在庫販売はやりやすいですね。

 

ところが、いざ自分のショップから

ギターが売れた時に

 

すでに出品元のネットショップで

そのギターが売れており

無い場合があります。

 

この時の対処方法ですが、

まずは、

スグにカスタマーに連絡して、

購入自体をキャンセルしてください。

 

支払いがあった場合には、

時々カスタマーから、

 

自分のお金がいつ戻ってくるか

問い合わせがくることも

ありますが、

誠実に対応してくださいね。

 

通常は、カスタマーとの

やりとりは、

 

ココで終わりますね。

 

ところが、私がオススメしたいのは、

その後のオファーです。

 

売れなかったことは、

残念なことなのですが、

 

カスタマーは

高額商品のギターの購入を

色々検討して、

決めたわけですから、

大変残念がっていると思います。

 

そこでオファーです。

 

この際のオファーの注意点ですが、

 

今回のギターの購入価格を

上回るような金額で

オファーしてはいけない

ということです。

 

下げるのであればよいですが、

上位機種をオファーして、

価格を上げると

売れることはほとんどないです。

 

カスタマーは随分迷って

このギターにしたはずです。

 

おそらくは、この価格以上には

予算は出せないでしょう。

 

ですから、オファーするギターは

 

同じ機種、同じ色、同じ価格

 

コレがベストです。

 

私は、今までもこの方法で

非常に多くのギターをオファーして

販売してきました。

 

最初のギターよりも高い価格で

別のギターが売れることは、

 

絶対ないとは言えないですが、

まれです。

 

無在庫販売でギターを

うまく売るためには、

このような取り組みも

有効だと考えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です