無在庫販売を行っているギターショップについての注意点

今日は、

 

無在庫販売を行っている

ギターショップについての注意点

 

について、お伝えします。

 

多くの方がギター転売で

無在庫販売をやられていると思います。

 

無在庫販売をやるときの

楽器店に関する注意点ですが、

 

多くの楽器店のギターの写真を

出品画面に使われていると思います。

 

楽器店によっては、

そのことに気がついて、

 

自分のお店の写真を勝手に使うな!

と怒ってくる店もあります。

 

なかには、eBayに通報しただとか、

訴訟を起こすからそのつもりでいろ、

などと

 

脅してくるお店も何軒かあり、

困ったものです。

 

ギターが売れれば、

その店も稼げるはずですから、

問題ないと思うのですが。

 

どうしても許せないのでしょうね。

 

eBayやAmazonでは無在庫販売が

普通になっていますので、

 

これからは、このような店舗は

淘汰されることになるかも

しれないですね。

 

あと、気をつけたいのが、

お店の名前の入った画像を

出品画面に出すことです。

 

これだと、はっきりと

無在庫販売だとわかってしまうので、

これは避けないとだめですね。

 

私は、100%出品は

外注しているのですが、

 

これを避けるために、

外注さんを雇う時には、

 

かんたんな画像編集の出来る方を

採用しています。

 

これが出来ずに仕事が出来ない方も

時々おられますが、

 

難しくないので、

多くの方が簡単に

クリアーされているのが実情ですね。

 

また、楽器店によっては、

ネット上に公開している、

販売されているはずのギターが

 

じつは、もう売れていて、

実際には、商品がないのに、

いつまでもネットショップ上に

あるかのように、

 

出品し続けているネットショップ

もあります。

 

こんなショップのギターには、

要注意です。

 

実際に売れても

すでにないわけですから、

 

こちらとしても困りますからね。

 

この手のネットショップも

何軒かありますね。

 

これらの情報は、仲間と一緒に

ギター転売をやっていれば、

シェアして共有すると

良いですね。

 

ギター転売・エフェクター転売の

Chatworkグループにも

投稿すると役に立つかも

しれないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です