仕入れたギターに問題点があった場合の考え方

今日は、

 

仕入れたギターに

問題点があった場合の考え方

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

色々なギターと巡り会います。

 

わたしは、今までに

数多くのギターを扱いました。

 

その中で本当に

状態の良いものもありますが、

 

なかには、仕入れてから

問題点が見つかると言うものも

あります。

 

このようなギターに

遭遇したら

どうすれば良いのでしょうか。

 

本当に状態の悪いギターであれば、

ほとんど商品価値がないもの

となりますが、

これは滅多にないことだと

思います。

 

そうでないものは、

問題点を開示した上で

 

ジャンク品として

販売することにしています。

 

ジャンク品ですから、

高額なギターでも格安で

販売せざる得ないです。

 

これは、仕入れ時に

気がつかなかった事なので、

仕方ありません。

 

ギターがわかる人なら

手にとってみれば、

問題点はわかるはずですから

 

これを隠して販売すれば、

信用問題となりますので、

 

それだけはやめてほしいと

思います。

 

最初から問題点がわかっているのに

それを隠して販売しては

いけないと考えています。

 

eBay輸出では、カスタマーが

大きな問題点を指摘してくると

 

たいてい、セラーの事情は無視されて

返品されます。

 

ほぼ100%カスタマーよりです。

 

PayPalが自動的に

お金を返金するので、

セラーは大きな被害を受けます。

 

まちがいなく、返送料はセラー持ち、

関税もかかりますから、

大きな損害なのです。

 

ですから、問題点はキチンと

descriptionにて説明し、

それを納得していただいてから

購入してもらって下さい。

 

気がつかなかったという

言い訳は通じません。

 

これがセラーにとっては

多いなりスクとなるのですが

ギターを仕入れた時点で

気がつけば、

ジャンク品として出品すれば

よいのです。

 

国内での販売に変更しても

いいと思います。

 

いつもお伝えしていますように、

ギター転売では

信用が非常に重要です。

 

信用なくしては、

高額なギターの販売は

あり得ないです。

 

ここのところは十分に

理解しておくとよいと

思います。

 

ただ、仕入れてから

問題点がみつかるギターは

ほとんどありませんので、

大丈夫です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です