改造ギターを扱っても大丈夫か?

今日は、

 

改造ギターを扱っても

大丈夫か?

 

について、お伝えします。

 

エレキギターには

改造しやすい部品が

たくさんあり、

 

改造しているギターも

たくさん出回っています。

 

このようなギターは転売対象として

考えて良いのでしょうか?

 

これは、ギターの種類や

購入してくれるターゲットに

依存していると考えています。

 

私の考えでは、

基本は、

 

「改造されていないギター」

 

がギター転売では、良と思います。

 

改造してあると、それだけ

リスクも高まるはずです。

 

価格が上がっている。

 

故障しやすい。

 

特に、個人で改造しているギターは

問題がおきやすいと思います。

 

なかには、改造で、

ギターの型番号が

別の番号に変更されてしまう

ギターもあり、

 

注意が必要です。

 

一方で、改造されている分だけ、

オリジナルにない部品が

付属していることから

 

プレイヤーにとっては、

お得感がありますね。

 

多くのプレイヤーがやっているような

改造、部品の取り付けなどは、

 

やっておいた方が、人気です。

 

ただ、ついているからと言って

売れやすいわけではないようです。

 

私はこの判断は難しいので、

実際の顧客に聞いてみて、

判断することが多いです。

 

総じて、ギター転売では、

オリジナルを重視すべきだと思います。

 

オリジナルで、古くなれば、これは高額で

売ることが可能となります。

 

ビートルズや、ローリングストーンズが

使っていたのと

 

同じ年台の、同じタイプのギターが

販売されていたら絶対「買い」です。

 

こんなことを考えながらやると

ストレスもたまらなくなりそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください