ギターの効率的な売り方

今日は、

 

ギターの効率的な売り方

 

について、お伝えします。

 

私の所に来る質問で

最も多い質問やコメントが

 

「ギターがどうしても売れない。」

 

です。

 

全く売れません。

 

3か月で1本しか売れていないです。

 

こんな問い合わせがとても多いです。

 

このお話は、何度もしていますが、

未だに実践されている方が少ないのか

ギターが売れないようです。

 

ギターがうまく売れない理由は

大きく分けて2つあると思います。

 

1つは、れるギターが

出品されていないこと。

 

もう1つは、価格が高いことです。

 

売れるギターは定番ギターや

リサーチで見つけます。

 

リサーチが不十分だと、なかなか

売れるギターが見つからないです。

 

リサーチのキモはいかに人気のある

ギターを見つけるかですが、

 

本当に売れるギターは定番ギターです。

 

たとえば、アコギなら、

マーティンD-28、D-45

 

エレキなら、

フェンダーのストラトやテレキャスター。

ギブソンのレスポールなど。

 

これらのギターは売れやすいです。

 

また、カスタマーが好むギターは

シグネイチャーモデル、

限定モデル、

などの、

 

ミュージシャンが実際に使っている

ギターと同じモデルです。

 

売れるギターは

何度もお伝えしていますように、

 

わからなければ、

無在庫でテスト販売すれば、

わかります。

 

PVとwatchingで判断できます。

 

価格は、変動しますが、

eBayやヤフオクでの落札価格を

調べて下さい。

 

その価格より極端に高くなければ、

問題ないはずです。

 

そして、

ときどきセールをやります。

 

しかも、期間限定でセールします。

 

watchingは急速に上がりますね。

 

すると、次々に売れていきます。

 

というのが、流れですが、

 

どうしても,これが出来ない方が

おられるようです。

 

また、出品しているギターの数が

少なくないですか?

 

1-2本の出品では、

なかなか売れないですね。

 

最低でも30本くらいは出して下さい。

 

専門店にしなくて良いです。

 

カスタマーに、このお店はギターのこと、

よくわかっている、

 

こう思わせて下さい。

 

そんなに難しいことではないので、

やってみることです。

 

実践出来る人が、

ギターも売れて、

 

さらに、そのやり方も

マスター可能です。

 

この方法は、多くの

高額商品の販売で有効です。

 

最初だけ、マネしてください。

 

大きな成果が出るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください