最近の楽器価格とカスタマーからのコメント

今日は、

 

最近の楽器価格と

カスタマーからのコメント

 

について、お伝えします。

 

以前までは、

あまりなかったのですが、

ギターの価格とギタースペックとの

相関関係について、

コメントしてくるカスタマーが

増えてきたように感じています。

 

中古ギター自体の価格が

日本では上がっていますが、

 

海外では国により、

価格が下がっているのかも

しれないです。

 

全ての国を把握している訳

ではないのですが、

今までと違いが出てきたように

感じます。

 

実際には、

 

そのギターのスペックでは

この価格ではギターは売れない。

 

相場価格より

大幅にギターの価格がずれている。

 

全く個人的なコメントとしては、

 

私の印象ではあなたの商品説明は、

間違っている。

 

どこでそのギターを仕入れたのか?

 

などのコメントが増えています。

 

円高の影響で日本のネットショップの

価格が高いと思われて

いるのかもしれないです。

 

わたしは、これに対して、

売れる見込みのない

カスタマーに関しても

 

出来るだけ早急に

返事を返しています。

 

実際に購入してくれる

カスタマーからは、

この手の質問は来ないのですが、

 

そんなセラーに対しても、

キチンと返事をすべき だと思います。

 

楽器の価値とそのスペックについては、

今までと変わりなく、

 

多くのカスタマーが

自分の楽器について、

 

納得し、満足した上で

ギターを購入したから

このようなやり取りが

出てくるのであって、

 

ギター販売自体が難しくなった

わけではありません。

 

今後の推移は、

為替次第かもしれないですが、

 

ギターについての知識や

説明がキチンと出来るセラーが

求められているように

感じています。

 

また、今まで以上に

定番ギターやリサーチの強化が

求められるようになると感じています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です