カスタマーとのトラブルに対する対処方法のコツ

今日は、

 

カスタマーとのトラブルに対する

対処方法のコツ

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

ギターが売れて順調な時は

よいのですが、

 

トラブル続きのこともあります。

 

ギターは高額商品ですので、

トラブルに巻き込まれますと、

セラー側の被害も

大きくなります。

 

このような事態にならないようにする

コツですが、

 

最初に、商品出品時に

注意することです。

 

問題点のある場所の写真は

必ず撮って、示すことです。

 

また、想定される問題点を

商品説明に記載することです。

 

特に大きめの傷や、

ネックのトラブルに関するものは

事前に必ず記載しておいてください。

 

また、ジャンク扱いになるような

大きな問題点、欠品、

付属品、たとえば、

ハードケースの破損や割れなども

記載しておくことです。

 

ジャンク品の場合は、

価格も商品に見合った価格でないと

あとからもめる結果となります。

 

さらに、商品説明に、

「この商品は返品不可です。」

 

と記載しておくのがよいでしょう。

 

また、外国に

外注さんがおられる方は、

そこへ商品を返品させて、

売れたらそこから発送させる

という手もあります。

 

これは、次に発注してくる国が

現在送った国と同じであると、

 

送料や税金が大幅に緩和されるので、

狙い目です。

 

商品返送時の費用の負担、

たとえば、

返送料金、輸入時の税金などは

全てセラー持ちになることが

ほとんどです。

 

ですから、

できるだけ返品ならないように

商品出品時には、色々な点に

注意する必要があり、

 

販売時にも、たいていは

購入前に連絡が来ますから

 

問題点があるギターの場合、

そこでよく話し合って

確認しておくことです。

 

セラーとカスタマーがキチンと

合意したうえで、

商品販売をしていれば、

大きなトラブルになることは

あまりありません。

 

ただ、細心の注意を行っても、

トラブルや返品依頼、

苦情や返金などは

100%はなくならないです。

 

これは、ギターだけでなく

他の商品販売でもいえることで、

 

メチャクチャことを言ってくる

カスタマーもいることはいます。

 

もしも、トラブルに巻き込まれたら、

できるだけ被害を最小限に

とどめる形で、

対処してみて下さい。

 

たとえば、詐欺にあって、

お金も商品も帰ってこないことは

絶対に避けるべきです。

 

そのための対処方法は、

多くの場合、自分の安易なミスから

起こっていることが多く、

これだけは、絶対に避けないと

いけないです。

 

たとえば、eBayやPayPalの

指定した場所以外への発送。

 

違う名前の方への商品発送、

やクレジットカードの使用など、

詐欺は数え上げたら

きりがありません。

 

わからない時は、

メンターの方に聞くか、

eBayやPayPalに問い合わせて

みると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です