レフティ(左利き用ギター)の仕入れはあり得るか?

ギター転売の対象のギターとして、レフティ(左利き用ギター)はあり得るでしょうか?

私はレフティは仕入れないです。

理由は、単に、対象となる顧客が少ないからです。

よく知らない方から見れば、レフティを仕入れておいて、弦の張り方を逆にすれば、それで済むように思います。

左利きのポールマッカートニーが、右利き用のマーティンを弾いている写真をご覧になった方も多いと思います。

実際には、それほど簡単にレフティを右利き用に戻すことはできないです。

弦を張り替えるのは、もちろんですが、ナット、ブリッジ、サドルの交換が必要です。

できなくはないのですが、費用が結構かかります。

以前にもお話しましたが、ギター転売では修理を必要とする場合は、その費用にもよりますが、仕入れはしないことです。

ちょっとした修理や改造でも、ギターの場合は高額な費用がかかります。

ギターはある意味、芸術品ですから。

ですから、わたしならばレフティはギター転売として仕入れないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です