ギターを自分でも弾いてみよう

今日は、

 

ギターを自分でも弾いてみよう

 

について、お伝えします。

 

昨日、

ギター転売・エフェクター転売の

セミナーをやっていて、

感じたのですが、

 

ギターを全く弾いたことがない方は、

ぜひギターを自分の手元に置いて

弾いてみることを

オススメします。

 

その理由は、ギターのことがさらに

理解されて、

もっとギターの販売に力が入れられる

からです。

 

商品販売をやる場合は、

その商品のことをよく知っている方が

とても有利です。

 

質問やコメントが来ても、

その内容が理解しやすいし、

回答も、比較的簡単にできますね。

 

また、ギター購入時に

カスタマーが知りたいことが

わかってきます。

 

たとえば、ネックの状態や

アジャスタブルロッドのことを

なぜカスタマーが知りたがるのか?

 

定番ギターはなぜ売れるのか?

 

こんなことでも、

ギターを自分で持っている人と

持っていない人では、

考え方、感じ方が異なります。

 

私が、ギターの説明をするときに

実際に演奏ができる人と

そうで無い人には、話す内容が

異なります。

 

知っていることと、

体験していることでは、

大きな違いがあるからです。

 

ギター転売をやろうと

考えておられる方の多くは、

ギターのプレイヤーか、

ギター音楽が好きな方です。

 

もしも、あなたがギターを

全く触ったことがないのであれば、

 

ぜひ楽器店に行って、

ギターを触ってみると

よいと思います。

 

楽器店に行くメリットは

たくさんあります。

 

ギターが好きなら、

楽器店に行ってギターを

試奏することは、

楽しみの1つです。

 

楽器店に行くなら、

朝早くに行くことを

オススメします。

 

その日か、前日に入荷したギターが

店頭に並んでいて、

 

状態が良くて価格が安いギターが

あるからです。

 

いわゆる、店舗仕入れが

できるということです。

 

東京なら、御茶ノ水の楽器店街が

オススメです。

 

どの店に入ろうかと迷うほど、

たくさんの楽器店があります。

 

ギターが好きなら、

楽器店巡りも楽しいですよ。

 

一緒に行きたいですね。

 

スクールのみんなで行ったことも

あるんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です