カスタマーからの声を大切にしよう

今日は、

 

ギターの販売では

カスタマーからの声を大切にしよう

 

について、お伝えします。

 

ギターの種類は山のようにあります。

 

同じモデルだと思っても、

異なっていたり、

 

すでにあるギターに

シグニチャーモデルが追加されたり

色々なことがあります。

 

カスタマーからの問い合わせには、

 

「このギターで、X年製のギターが

欲しい。」

 

「このモデルでピックアップが

オリジナルなものが欲しい。」

 

みたいな、カスタマーからの要望が

たくさん来ていると思います。

 

多くのカスタマーは、自分の予算内で

自分の気に入ったギターを

購入しようと、ネット上で

ギターを探しています。

 

もしも、あなたのギターが

その対象になったら、

ぜひ、カスタマーの希望を

叶えるギターを探すべきです。

 

これなら、ほぼ、100%売れます。

 

こちらが個人的に探すわけですから、

競合相手がおらず、売れるのです。

 

ここで、問題となるのは、

たいていは、価格です。

 

カスタマーは安価な価格で

捜してほしいと

連絡がきますので、

 

オファーされた価格が極端に低く、

オファー価格に近い価格で

提供できないのであれば、

 

最初にキチンと

無理だと回答した方が良いですね。

 

可能性が有りそうなギターなら、

スグにリストを作って

送るべきです。

 

日本からの輸出になりますから、

関税や、配送料の面で、

 

依頼された人の国で探せるギター

と比較して、価格が高いのは、

当然ですが、

 

それでもストにあるギターを選ぶ

理由付けを考えると良いです。

 

ネックの状態がとても良い。

フレットがほぼ新品同様だ。

 

特別な材質が使われている。

完全オリジナルだ。

 

こんなことがあったら、

多少値段が高くても、

自分の探したギターを選んでくれます。

 

カスタマーからの問い合わせは、

本当にチャンスです。

 

これを逃さないさようにして、

1本1本丁寧に対応して

売っていくことです。

 

ギターは薄利多売の新品商品と

同じやり方では売れないです。

 

考えてやった者が、勝ちますから、

思いついたことがあったら、

どんどん実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください