ギターケースの話

今日は、

 

ギターケースの話

 

について、お伝えします。

 

ギターが売れた時に

ハードケースにいれて

送付することがあると思います。

 

アコギの場合は、ハードケースか

ギグバッグと呼ばれる

セミハードケースにいれて

送ることを、オススメします。

 

ほとんどが木製で、しかも、

ギター本体は、

薄い木の板で出来ていますから、

衝撃には弱いと思います。

 

エレキの場合は、プチプチで包んで

紙の箱で送っても、大丈夫です。

 

注意点は、箱の中に

ギターが動かないように

詰め物を入れておくことだと

思います。

 

もちろん、ハードケースにいれて

送付しても問題ないのですが、

 

紙の箱の方が、重量が軽くなるので、

配送料金が安価ですね。

 

ハードケースを紙の箱に入れて

送付したこともありますが、

 

これだと、送料がかなり高くなります。

 

エレキの場合は、どちらか1つで

良いと思います。

 

ギターが納められている

紙の箱ですが、

 

とても丈夫です。

 

マーティンやギブソンの箱は、

リベットで留めてあり、

 

簡単には開封できないくらい

頑丈に出来ています。

 

エレキの場合は、通常は、

ソフトケースに入れられて、

それを紙の箱に入れて、

配送されてくることが

ほとんどです。

 

ですから、配送時の

紙の箱をそのまま使って

海外発送してくださいね。

 

海外発送は、重量で料金が決まります。

 

ですから、出来るだけ軽く、

しかもしっかりと梱包して下さいね。

 

ハードケースをプチプチで巻いて

送るだけで、大丈夫です。

 

商品の重量は、これだと

10kg以下のことがほとんどです。

 

昔のハードケースはとても

重いので、時々

10kgを越えることもありますが、

たいていは8-9kgですね。

 

EMSだと15,000-18,000円位が

目安になります(米国・欧州あたり)。

 

赤字にならないように

しないといけないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください