価格交渉のやり方

今日は、

価格交渉のやり方

について、お伝えします。

 

ギター転売では、カスタマーからの

問い合わせが必ずと言って良いほど

来ます。

 

この大半は、ギターに関する質問と

価格の交渉です。

 

価格交渉にはやり方があります。

 

多くのカスタマーは、自分の予算内で

相談を持ちかけてきますが、

中には、極端に安い金額で

販売して欲しいと

持ちかけてくるカスタマーも

います。

 

この手のカスタマーには、

その価格だと、当店は赤字です、

 

と、返事を返すと良いです。

 

このカスタマーは、購入しそうだ

との感触をつかんだら、

 

価格交渉でまずは、

先方のオファーより少し高い金額で、

こちらからオファーを出します。

 

それで、さらに連絡が来れば、

最終的に少しだけ下げます。

 

つまりは、2段階で価格を下げる

やり方をとっています。

 

最初のこちらからのオファーに

連絡が来るということは、

 

本当に購入する可能性が高いです。

 

ですから、このカスタマーを

逃すことなく、価格交渉を進めます。

 

ちなみに、何度もひつこく価格交渉を

してくるカスタマーには、

つきあわない方が良いです。

 

購入しないからです。

 

これは私の経験からほぼ間違いないです。

 

時間の無駄になりますから、

早めに切り上げることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です