たくさん出品すれば売れるのか?

今日は、

 

たくさん出品すれば売れるのか

 

について、お伝えします。

 

ギターやエフェクターを

扱っている人は

何品くらいの商品を

出品されているのでしょうか?

 

10個位?

 

いや、300個。

 

いいえ、3,000個です

 

あなたは、

どの位の数が必要だと思いますか?

 

私の考えですが、

 

数百個で十分、と考えています。

 

もちろん、eBay輸出の場合には、

セリングリミットがありますから、

 

3,000個出品となりますと、

かなりのリミット額が必要となります。

 

ここで、私がお伝えしたいのは、

 

「たくさん出している方が

売れやすいので、

たくさん出すことに意義がある。」

 

が、正しいかどうかです。

 

わたしは、たくさん出すことに

意義があるのは、

 

「新品商品の出品」

 

だと、考えています。

 

新品商品なら、他のセラーと

差別化はできません。

 

どこで差別化するかというと、

それは、ズバリ、

 

「価格」

 

です。

 

ですから、Amazon輸出で価格競争になり、

人気のある商品は、

 

卸問屋から仕入れないと

利益が出ないと言う結果となります。

 

ギター転売やエフェクター転売は

中古1点ものを扱います。

 

その商品しかないものを

扱います。

 

ですから、数を出すと言うよりも、

 

いかに出品した商品に価値があるか、

いかに手に入れにくく貴重か、

どこを探してもないか、

 

こう言った点に着目して

商品を出品すべきです。

 

もちろん、ある程度の出品数は

必要です。

 

ですが、数勝負で、

日本の全てのネットショップの

楽器を、

 

中古ギターを、無在庫販売として、

外注さんを雇って

全て出品すると稼げるのか?

 

どう思いますか?

 

労力に見合った利益が得られるとは

あまり思わないです。

 

上記のパターンでの出品は、

可能かも知れないですが、

 

それは、

新品の商品の場合だと思います。

 

わたしは、ギターやエフェクターは

趣味の商品で

 

その価値を理解してリサーチすることで

売れると考えています。

 

実際にそうやって販売しています。

 

たった、1本の中古品の出品で

50件近くの問い合わせが来ている楽器も

ありました。

(ギターではありませんでしたが、

楽器でした。)

 

ですから、やみくもに出品していても

ほとんど売れないということを

 

あなたにも

わかってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です