カスタマーからの問い合わせ

今日は、

 

カスタマーからの問い合わせ

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

 

カスタマーからの商品に関する

問い合わせがたくさん来ますね。

 

もしも、あなたのところに

問い合わせがあまり来ないのであれば、

 

何か出品に関して問題点がある、と

考えた方が良いです。

 

たとえば、1つは、価格

 

価格が他のセラーと比較して

ずいぶん高いのでれば、

 

問い合わせはあまり来ないでしょう。

 

あるいは、人気のない商品の出品

 

これも、あまり、問い合わせが来ない

ことが多いです。

 

一方で,問い合わせが

とても多いのは、

 

なかなか出回らないギターを

出品したとき、

 

または、

 

限定生産品で、数がとても少ない

ギターだったり、

 

隠れた名品で、貴重な材質や

高品質で、今だと

そのレベルの商品が入手出来ない、

 

こう言ったギターはたいてい、

人気商品となります。

 

価格交渉が、たくさん来て、

ホールドになることも

たびたびです。

 

また、冷やかしのメールとしては、

 

価格が高すぎて、誰も買わないよ、

このギターの価値がわかっていないね。

 

などの価格に関するもの。

 

あるいは、

自分はコレクターなんだが、

あなたの出品しているギターの

記載が間違っている、

 

この年代には、このモデルは

作成されていないはずだ、

 

商品説明と、ギター自体が合わない、

 

このギターは自分も持っているが、

このギターの特徴は・・・

 

こんな、購入とはほとんど

関係のないメッセージも届きます。

 

冷やかしでも、

いちいち返事を出しているのですが、

わたしは、これでも意味があると

考えています。

 

私の販売方式が、あくまで

 

「お客様中心」

 

だからです。

 

ギター転売では、カスタマーとの

やり取りが非常に重要です。

 

これなくしては、ギターが売れない

と考えても良いくらいです。

 

ですから、カスタマーからの連絡は、

実はチャンスなのです。

 

あまり意気込む必要はありませんが、

チャンスを確実にものにするように

すると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です