ハードケースは純正がいいのか?

ギター転売するときのケースはハードケースが良いのでしょうか?

私は、ギター転売するときにはハードケースにいれて送付することが必須だと思います。

ハードケース以外で送付や運ぶことは考えられないです。

アコースティックギターはすべて木でできており、芸術品に近いです。

この芸術品の楽器を裸で梱包したり、ビニール袋に入れたりして送付することはやめるべきです。

では、このケースは純正品が良いのでしょうか?

私の答えは「YES」です。

できるだけ、純正品を準備して、ギター転売をやることを心がけてください。

たとえば、マーティン社の楽器は、1970年代はブルーのハードケースに入って売買されていました。

その後、このケースは廃番と菜って廃番となって、今では、高値で売買されています。

ですから、たとえば、70年代のマーティンを転売するときには、このケースと本体を別々に販売するのです。

この、70年代のブルーのハードケースは、最近まで、4万円位で取引されていました。

非常に高値です。

新品の最新式のハードケースよりも、まだ高い!!

ハードケースも奥が深いわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください