国内ブランドのギターで注意すべき点

今日は、

 

国内ブランドのギターで注意すべき点

 

について、お伝えします。

 

ギターのブランド・種類は

たくさんあります。

 

海外のブランドギターだけでなく、

国内ブランドのギターも

とても人気があります。

 

アコギでも、エレキでも

国内ブランドのギターを

私たちが扱うのは、

 

とてもメリットがあると

考えています。

 

理由は、安価に入手できる点、

玉数が多く、ギターを選べる点です。

 

日本のメーカーのエレキギターは

とても人気があります

 

ただし、エレキギターは日本製でも

日本で作られていないギターが

たくさんあります。

 

国内ブランドのギターで、

アジアで作られているギターは

できれば、扱わない方が良いです。

 

海外のカスタマーは

国内ブランドのギターで

 

国内で作られていないギターを

嫌がる傾向があります。

 

私も以前に販売したギターで

国内のメーカーなのに

国内で生産されていないと言うだけで、

 

返品依頼が来て、仕方なく、

返金をしたことがあります。

 

これは、注意しないといけない点です。

 

また、アコギでは、

国内ブランドのギターで

比較的品質の高いギターには、

 

ハカランダが使われていることが

結構あります。

 

ギターのサイドやバックだけでなく、

指板などにハカランダが使用されている

ギターもたくさんあります。

 

このギターだと、

法規制で海外に販売出来ないので、

注意が必要です。

 

日本のメーカーのギターは

高品質でも価格が安価であることが多く、

 

海外からもたくさん購入依頼があります。

 

エレキなら、IbanezやYAMAHA、

アコギなら、YairiやYAMAHA、モーリス

 

これらのギターはとても人気があります。

 

注意して販売し、

ドンドン稼げるギターを

うまくリサーチしてください。

 

日本に住んでいる強みは

ここにありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です