ギターを出品する際の説明文の書き方

今日は、

 

ギターを出品する際の説明文の書き方

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていて、

非常に多くのギターを出品しているにも

かかわらず、

 

ほとんどカスタマーから連絡が来ない、

 

あるいはPVが入らない。

 

こんな経験をされている方が

おられると思います。

 

そんな方は、おそらく、

売れたギターの検索をしてみて

ください。

 

eBay輸出であれば、

「Advanced Research」

という、機能があります。

 

ここを覗いてみると、

売れたギターを検索する画面が

出てきます。

 

私が考える、

売れるギターの特徴は、

 

eBayで実際に売れたギター

 

自分の出品しているギターで

PVやwatchingが多いギター

 

です。

 

ここから、スタートです。

 

たしかに、シグネイチャーモデルや

限定生産モデルは、

人気が高いですが、

 

実際には売れていないギターもあります。

 

理由は、価格だったり、

商品説明が不十分だったり、

様々なことが考えられます。

 

お伝えしたいことは、

あなたのアカウントで

 

PVやwatchingが少ない、

問い合わせがほとんど来ない、

 

こんな感じでしたら、

売れたギターや売れるギターを

出品していない、

 

あるいは

 

商品の説明が上手くできていない、

 

このいずれかの可能性が高いです。

 

もしも、売れると判断されたギターを

出品しているに関わらず、

 

売れない、問い合わせがこない、

 

と言うのであれば、

商品説明画面を見て、

 

そのギターの説明が上手くできているか、

チェックしてみてください。

 

あなたがそのギターを

オススメする理由が

書かれていますか?

 

商品説明に、ギターのスペックや

状態のみ書かれていて、

なぜそのギターがオススメなのか

書かれていますか?

 

カスタマーは、ココが見たいのです。

 

この製造年代にしては状態が良い。

 

ネックが細くて弾きやすい。

 

この年代にしては、傷が少なく、

とてもきれいだ。

 

あなたの印象やオススメする理由を

書いて下さいね。

 

その上で売れ筋のギターであれば、

問い合わせが来るはずです。

 

売れるギターでありかつ、

その商品の良さを伝えて

出品していることが、

 

販売成功につながるようです。

 

問い合わせが来ない方は

出品画面をもう一度

見直して見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です