ギターの価格についての考え方

今日は、

 

ギター価格について考え方

 

について、お伝えします。

 

eBay輸出にて無在庫販売で

ギター転売をやっている方は、

 

どのように価格設定をされて

いるのでしょうか?

 

当然ですが、価格が高いと

ギターは売れにくいです。

 

特に、同じギターが出品されている

時には、売れにくいと考えて下さい。

 

無在庫販売で同じ写真を用いて、

ギターを出品している他のセラー

との差別化については、

どう考えると良いでしょうか?

 

価格だけでしょうか?

 

わたしは、そんなことはないと

考えています。

 

セラーの評価、出品画面の内容、

過去にそのセラーから

どの位売れているか、

 

こんな点をカスタマーは見ています。

 

売れているセラーから

購入する傾向が強いようですね。

 

また、自分の知りたいことが記載してある

セラーに問い合わせを出すと思います。

 

自分ならそうすると思いますので。

 

出品画面の記載内容が

大切だと言うことです。

 

価格はPVやwatchingで

変更する必要があると考えています。

 

ともに、高い場合は、売れやすいです。

 

あなたから1本でも売れて、

ほかにネットショップに

同じギターがあったら、

 

今度は

少し高い価格で出してみてください。

 

その時により、価格は変えていると

言うことです。

 

なぜそうしているのでしょうか?

 

それは、人気のあるギター、

貴重なギターは

 

価格が多少高くても、カスタマーは

購入すると考えているからです。

 

価格はどんどん変わります。

 

多少のことでは、カスタマーの興味は

変わらないので、

 

それよりも、そのギターについて、

もっと知りたいと言うのが

本音だと思います。

 

だから、出品画面の記載内容が

重要なのです。

 

ただ、価格が他のセラーに比較して

異常に高額だと売れないです。

 

アドバンスリサーチで、

出品しているギターの相場価格を調べ、

価格を調整して下さい。

 

ムダにたくさん出品しても

うれなければ意味がないので、

価格設定は、

気をつけないといけないと

思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です