ギターの値引き販売のやり方

今日は、

 

ギターの値引き販売のやり方

 

について、お伝えします。

 

高額商品は値引きを迫ってくる

カスタマーがとても多いです。

 

また、販売後にも、価格が高いため、

少しでも安くしようと

なんだかんだと言ってきて、

一部返金を迫ったり、

 

値引きや返金しないと返品すると

脅かすカスタマーも結構います。

 

PayPalはカスタマーの味方ですから、

カスタマーが騒ぎ出すと、

ほぼ間違いなく、

返品になります。

 

大きな痛手となるので、

返品は避けたいですね。

 

値引きをするために、

最初は少し高めで出品して

おいても大丈夫です。

 

とにかく、カスタマーからの

問い合わせを受け付けることです。

 

受け付けたら、できれば

スグに返事することが望ましいです。

 

問い合わせしてきたギターは

売れる可能性が高いからです。

 

値引きのやり方は、私は

2段階でやっています。

 

まずは、大きめに値引くことです。

 

「これ以上下げると、当店は赤字です」

 

という文章で、

下限金額を連絡すれば良いですね。

 

これで興味を引きつけます。

 

出品している他のセラーの

ギター価格を参考にして

上手く稼げる価格に値引くことです。

 

そして、興味が集中し、

もう少しで買いそうになったら、

最後にちょっとだけ値引くことです。

 

この2回目の値引きも大切です。

 

これでたいていは、購入してくれます。

 

また、販売するためには、

値引きだけでなく、

自分を信頼してもらうことも重要です。

 

高額商品ですから、ここも

ポイントなんです。

 

最初から半額程度に値引きを

申告してくる人には、

購入しない方が多いですね。

 

最初からメチャクチャな金額で

言ってくる人には、

真面目に対応しない方が

良いように感じています。

 

価格は下げるばかりではありません。

 

「絶対に売れる」

 

PVやwatchingから

そう考えられるギターは

逆に、値上げしてください。

 

これでも大丈夫です。

 

色々なコトを経験するうちに

値引き交渉も上手くなります。

 

その頃には、

メチャクチャ稼げているハズですから、

頑張って続けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください