初めて仕入れるギターの木の材質は?

初めて仕入れるギターはローズウッドが良いのかマホガニーが良いのか、についてです。

ギターの種類には大きく分けて、マホガニーとローズウッドがあります。

木の価格から考えると、マホガニーの方が安価です。

しかし、世の中のギターの大半はローズウッドで作製されています。

もちろんマホガニーのギターもたくさんあります。

私の個人的な意見ですが、始めて仕入れるギターはローズウッドが良いと思います。

理由はいくつかありますが、そのひとつに、大半のギターがローズウッドだという点にあります。

また、どのメーカーでも売れ筋のギターは、たいてい、ローズウッドです。

マホガニーには、マホガニーの良さがあります。

私は個人的には、マホガニーの音が好きです。

いままで自分で購入したギターはたいてい、マホガニーです。

ですが、ギター転売という観点から考えると、ローズウッドがいいように思います。

音の深みもありますし、ツヤもある。

玉も多い。

売れ筋なので、使用しているミュージシャンもとても多い。

だから、やっぱり、ローズウッドでしょう。

間違っていないと思います。

ちなみに、最近仕入れたギターはすべてローズウッドです。

どうしてかというと、玉が多いしので、仕入れやすく、売れやすいから。

あなたなら、どっちを仕入れますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です