ギターの在庫販売と無在庫販売

今日は、

 

ギターの在庫販売と無在庫販売

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっている多くの方が

無在庫販売をやられていると

思います。

 

無在庫販売は売れてから仕入れるので、

リスクが最小限にとどまります。

 

ところが、実際にやってみますと、

無在庫販売だと、在庫販売に比較して

売れにくいです。

 

理由は、価格が高いからです。

 

無在庫販売は小売り販売のギターを

eBayの手数料や、送料を加算して

自分から小売り販売しているので、

 

どうしても価格が高くなりがちです。

 

そこで、在庫販売にすればどうかというと、

確かに売れやすいです。

 

価格が安い商品を仕入れれば、

売れるということです。

 

しかし、考えてみると

無在庫販売でも、売れるギター、

貴重なギターを出品していれば

売れるのです

 

多くの方は、出品されているギターに

 

魅力が無い、

商品説明が不十分、

 

出品しているギターの数が少ない、

セラーとしての評価が低い

 

このようないくつかの理由から、

売れないことが多いのです。

 

もしも、あなたのところに、

カスタマーからの問い合わせが

少なければ、

 

上記のどれかの理由で

売れにくいのです。

 

結論として、

私が思うのは、

 

無在庫販売を中心として、

在庫販売も加えると

売れ行き上がると感じています。

 

わたしは、そうやっています。

 

確かに、在庫販売は、リスクが高いですが、

定番ギターは確実に売れますので、

 

仕入れても問題ないと思います。

 

生産が終了した

特定のシグネイチャーモデルなどは、

価格があってないようなものですから、

売れるはずです。

 

価格をあげても売れることが

あるからです。

 

「リスクがあるから稼げる」

 

こう考えると、在庫販売も

一つのリスクをとって売るやり方です。

 

最初から高額なギターを

仕入れる必要はありませんので、

 

徐々に在庫販売も混ぜていくと

上手くいくと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください