ギター販売時の商品説明画面の書き方

今日は、

 

ギター販売時の

商品説明画面の書き方

 

について、お伝えします。

 

ホリデーシーズンに突入し、

さらに、円安方向に傾いている今、

 

この時期こそ

ギターやエフェクターを売らないと

いけません。

 

1年のうちで最も売れる時期です。

 

私は、夜はスカイプや個別面談をこなし、

疲れて眠って、朝起きると

ギターが売れている・・・

 

最近はこんな生活を送っています。

 

欧米は日本と時差がありますから、

効率が良いというか、

 

気がつかないうちに

どんどん売れていると

言うことですね。

 

 

今日はeBayの

出品画面の書き方について

お伝えします。

 

私たちの扱っているギターは

中古1点物です。

 

ですから、新品商品とは

異なる商品説明を書く必要がありますね。

 

まずは、ここからです。

 

多くのセラーの方が、新品商品と

全く同じ内容で商品説明を

記載されています。

 

これだと、全く売れないです。

 

もっと、具体的にお伝えすると、

商品説明はギターのスペックを

記載するのではなく、

 

そのギターの他のギターと違う、

 

特徴、問題点、良さ、希少性、価値

 

さらには、

製造年・国、シリアル番号、

付属品の有無(ケースなど)

 

こういった部分の内容を書くのです。

 

多くのカスタマーが重要視するのは

この部分です。

 

読み流している部分は、

そのギターの

 

弦の本数、全長、色、配送期間

キャリアの名前・・・

 

こう言った部分は大して重要ではない

ことが多いです。

 

新品商品は他のセラーと

差別化できないので、

 

価格で勝負です。

 

ギターのように中古1点物は

商品の特徴で勝負です。

 

ですから、その商品が

いかに貴重なのか、

いかに優れているのか

 

古くて、傷はあるものの、

どうしてそのギターを選ぶのか、

 

どうしてそのギターが人気なのか、

 

ココを書いてください。

 

多くの方が、この部分が

上手く書けていないです。

 

売れない理由のひとつは

ココにあります。

 

もちろん価格が高いと

売れにくいです。

 

ですが、貴重な、

カスタマーが探していた、

 

そんなギターなら、

多少価格が高くても

絶対に購入します。

 

ギターは趣味の製品です。

 

あなたは、自分の趣味の製品だと、

価格が多少高くても購入するでしょう?

 

他の人から見たら、どうして

こんな商品に、こんな高額なお金を

支払うのか、わからない・・・・

 

こういうことやっていませんか?

 

おわかりですね。

 

どう書けばギターが売れるのか。

 

セミナーでは、こんなお話を

たくさんします。

 

来れない言い訳はいいですから、

なんとか都合つけて来て下さい

 

今年最後の、

あなたの売り上げを倍増させる

チャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です