ギター転売における最大のリスクとは

今日は、

 

ギター転売における

最大のリスクとは何か?

 

について、お伝えします。

 

大げさな題目ですが、

内容は、そんなことないです。

 

ギター転売をやっていて、

最も気をつけないといけないこと。

 

それは・・・

リスクがあると考えて、

どんどんやらないこと、

 

ではないかと思います。

 

リスクがあると思って

やらないことが大きなリスクです。

 

なんだかよくわからないことを

言っていますが、

 

高額商品だから、有在庫販売できない。

 

コレを筆頭に、無在庫販売でも

リスクがあることが気になって、

手が打てない人が多いです。

 

たとえば、外注化。

 

どんどんやれば、

稼げるとお伝えしているのに、

 

いっこうに取り組まない方が多いです。

 

仕入れしてもらう外注さんに

クレジットカード情報を教えられない。

 

外注費用がかさむので、

外注さんに作業依頼出来ない。

 

マニュアルが上手く作成出来ないので、

外注さんに頼めない。

 

これらは、全て、間違いです。

 

「リスクを取らないと稼げない」

 

つまりは

「リスクを取って大きく稼ぐ」

 

これが、最も効果的な方法です。

 

成功したいのであれば、

正しい方向にリスクを犯すことです。

 

ギターを販売してお金を稼ぐのに、

お金を使わないと

結局は稼げないのです。

 

外注さんに依頼するのも、

ツールを購入するのにも

お金がかかります。

 

けれども、それをやらないと

稼げないのです。

 

やっても、やっても稼げないのは

実はやっていないからです。

 

わたしのセミナーに来られれば、

どうやって稼ぐのか

お伝えします。

 

普通の人がやらないことを

やってきて、

稼げるようになってきています。

(違法なことをやっているわけでは

ありません。)

 

私は、100万円のギターでも

これは売れる、稼げると思ったら

購入します。

 

普通のひとには、

なかなか出来ないことです。

 

これが出来るようになれば、

ギター転売で大成功します。

 

わたしが出来るように

なったのは、

 

在庫になるかもしれないというリスクを

犯しているからです。

 

あなたもギターを売って稼ぎたいなら、

マインドブロックを外して下さい。

 

最初は出来なくても、

続けていれば、出来るようになります。

 

私が出来ているので、間違いないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です