ギターのオファーの出し方

今日は、

 

ギターのオファーの出し方

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていて、

カスタマーからの連絡は

とても大切です。

 

これがないと、売れないと言っても

過言でないくらい、重要なことです。

 

カスタマーから問い合わせがあり、

そのカスタマーに合ったギターを

勧めて、販売することは

比較的容易で、

 

全くの最初からリサーチして

ギターを販売していくより

簡単です。

 

ギター転売では、

 

商品を出品する→問い合わせがある→

カスタマーとやり取りする→

ギターを勧める→購入してもらう

 

この繰り返しが一番売れて、

しかも簡単な販売パターンとなります。

 

ここで、カスタマーに

ギターをオファーする方法ですが、

 

最初にまず、問い合わせしてきた

カスタマーの見てきたギターと

全く同じギターを勧めることが

大切です。

 

カスタマーが欲しいギターを

勧めないと、

全く購入してくれないです。

 

ブランド、機種名、色など

全く同じギターを探して

勧めてみてください。

 

これが鉄則です。

 

これが出来ていないと

単なるメールのやり取りのみで

終わってしまいます。

 

価格も重要です。

 

最初に言ってきたギターの価格よりも

安価な場合は、問題ないのですが、

 

価格が少しでも高いと、

購入してくれないことがほとんどです。

 

最初に言ってきた価格が、

そのカスタマーの上限価格である

ことが多いからです。

 

同じ機種のギターでも、

傷や、問題点は詳しく説明して下さい。

 

これがないと、購入してくれませんし、

のちのち問題となって、

返品になりかねないです。

 

一度やればやり方がわかりますから、

経験してみるとよいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です