いつから在庫販売を始めたらいいのか

今日は、

 

いつから在庫販売を始めるのか、

 

について、お伝えします。

 

多くの方が、ギターの販売を

無在庫販売でやられていると

思います。

 

最初はそれで良いのですが、

ギターが売れてきたら、

 

無在庫販売だけでなく、

有在庫販売も始めると良いです。

 

有在庫販売の良さは、

なんと言っても低価格な点です。

 

通常の無在庫販売はネットショップの

ギターの価格に

自分の方で利益を上乗せして、

出品していると思いますので、

 

小売りから仕入れて、小売り販売

ですから、

低価格販売はしづらいです。

 

ところが、在庫販売だと

出来るだけ安価に仕入れようと

するわけですから、

価格は無在庫販売よりも

安価である事が通常です。

 

そのため、ギターが売れやすい

と言うメリットがあります。

 

では、いつから在庫販売を

始めると良いのでしょうか?

 

私は、資金に余裕が出来たら

始めると良いと思います。

 

最初は、

安価な国産の中古ギターを

扱うと良いですね。

 

数万円で結構です。

 

売れやすいわけですから、

人気のあるギターを仕入れれば、

比較的早い段階で資金が確保されます。

 

また、手持ちの古いギターがあれば、

それを販売してもよいと思います。

 

この場合は、ケースがあると

良いのですが、

ケースがなければ、紙の箱を

あなたの近くの販売店から

もらってきて、そこにいれて

販売するとよいでしょう。

 

最近は、ネットショップでも

紙の箱は通販で用いていますので、

不足している事が多いです。

 

在庫がなければ、依頼すると良いと

思います。

 

無在庫販売でも有在庫販売でも

重要なのは、

 

売れるギターを出品することです。

 

これは、リサーチがキチンと出来ていれば

可能ですので、

ここはしっかりと押さえて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です