外注化はいつから始めたら良いのか

今日は、

 

外注化はいつから始めたら良いのか?

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で外注化の時期についての

質問や疑問点の問い合わせが

結構あります。

 

多くの方が、誤解しているのは、

 

「現在、自分で出来ているので、

外注化する必要はない。」

 

というもの。

 

外注化を開始する時期ですが、

わたしは、

 

「自分で出来るようになったら

外注化すべき。」

 

と考えています。

 

理由は簡単で、その方が稼げるからです。

 

たとえば、あなたが寝ないで今の作業を

継続したとすると、

 

あなたの現在の利益が、仮に10万円なら、

10→11→12→13万円と上がるでしょう。

 

ただし、利益はこれ以上、上がらないです。

 

寝ないでやっても、おそらくは、

現在の利益の2倍にはならないです。

 

コレが現実です。

 

もう一度言いますが、

どんなにあなたが頑張っても、

2倍にはならないです。

 

しかし、外注化するとどうでしょうか。

 

今ひとりでやっていることを、

仮に5人くらいでやるとしたら・・・

 

10→15→25→50万円と推移します。

 

外注さんは、作業がだんだん慣れてきて、

スピードも速くなり、それに従って

売り上げも加速します。

 

ココをわかって欲しいです。

 

人間、ひとりでやることには、

限界があります。

 

ふたりでやれば、

1+1→3人分の作業量

 

5人でやれば、かなり多くの作業が

出来ます。

 

そして、外注化費用。

 

たとえば、ギターの出品なら、

私は、画像処理をふくめて

1品50円でお願いしています。

 

50円ですよ。

 

スクール生は、30円で依頼している方も

おられます。

 

100品、出品毎にお支払いしているので、

5,000円です。

 

この間にギターは何本も売れていて、

利益は、5,000円の10倍以上に

なっています。

 

どうですか?

 

やってみる価値があると

思いませんか?

 

外注化のハードルは、

 

外注化を始めること

外注化マニュアルを作成すること

 

この2つです。

 

困っているなら、

私にChatworkで相談してみてください。

 

きっと道が開かれると思います。

 

ハッキリ言いますが、

やらないと、稼げないです。

 

私が経験しているので、

コレ、間違いないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です