ギター出品画面に記載する内容

今日は、

 

出品画面に記載する内容

 

について、お伝えします。

 

ギターを販売する場合、

商品説明について、

何をどのように記載すれば良いのか、

 

どこまで書けばよいのか、

 

迷っている方がおられます。

 

ギターの説明を記載するのですが、

記載する内容は、ズバリ、

 

「カスタマーが知りたいこと」

 

を書けばよいわけです。

 

あたり前のことですが、

コレが何なのか、は

意外とわかりにくいです。

 

カスタマーが知りたいことは、

だいたい、下記のような内容となります。

 

ネックの状態

クラックや傷の大きさと程度

 

シリアル番号

製造された年

製造された場所(国)

 

オリジナルかどうか

パーツに欠品はないか

 

ここらあたりになります。

 

上記の内容が書かれていない場合は

カスタマーから質問が来ることが

多いです。

 

無在庫販売の場合、通常は

ネットショップのHPに

記載がありますが、

 

わからなければ、問い合わせてみれば

よいと思います。

 

どうしてもわからない点は、

ハッキリと、「わからない。」と

記載すれば良いですし、

 

あるいは製造年など、

XX~XXX年の間、のように

記載すると良いですね。

 

この内容がきちんと書かれているか

どうかで、

問い合わせが異なってきます。

 

上記の内容が出品画面に

書かれていないから、

問い合わせしてくる場合は、

 

そこで、やり取りが終わることも

ありますが、

 

書かれていて、問い合わせしてくる場合は、

購入希望があるからです。

 

この場合は、チャンスですので、

チャンスを逃さないように

すると良いと思います。

 

できるだけ早く返事をすること。

 

追加の写真や質問がないか。

 

また、無在庫販売の場合は、

ネットショップに在庫の確認

して下さい。

 

せっかく売れたのに、

在庫していなければ、

がっかりすることになりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください