ギター転売は飽和しないのか

今日は、

 

ギター転売は飽和しないのか?

 

について、お伝えします。

 

多くの物販ビジネスが、

参入者が多くなると

飽和して稼げなくなると

言われています。

 

ギター転売はまだまだ

やっている人が少ないので、

飽和するという話は

出ていません。

 

というか、ギター転売は

飽和しないのではないかと

考えています。

 

理由はいくつかあるのですが、

 

一つには、ギターが高額商品である

と言う点です。

 

たとえば、1本20万円位するギターを

多くの物販セラーが扱うとは

とても思えないです。

 

また、大きいので、発送などを考えると、

扱いにくいです。

 

仕入れも1度に10本仕入れるなど、

かなり厳しいです。

 

さらに、ブランドがとてもたくさんあり、

私でさえ、全く知らないブランドが

未だにたくさんあります。

 

このようなことから、

そう簡単には、

多くの方が競合して、稼げなくなる、

 

こんな状況にはならないと思います。

 

たとえば、Fenderのストラトや

Gibsonのレスポールを

 

多くの方が仕入れて、競合して

仕入れにくくなることなど、

到底起こらないと考えています。

 

価格がとても高いからです。

 

カメラ転売などと違って、

在庫販売は、それほどはやらないと

考えているからです。

 

わたしは、店舗仕入れをする際には、

250万円ほど持参します。

 

これは売れる、稼げると思ったギターは

100万円でも仕入れます。

 

これが、本当に多くの方で出来るかどうか

考えてみれば、

 

普通はやらないことが、わかると思います。

 

また、ギター本体の価格は、

非常に幅広いです。

 

安価なギターは3万円位から

売れます。

 

国産だと10万円以下が主流です。

 

米国産なら20~50万円くらいが普通です。

 

ですから、一つのギターに集中することは

あまりないと思います。

 

このようなことから、

ギター転売はまだまだ市場はガラ空きです。

 

安心して良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください