メールによるオファーのやり方

今日は、

 

メールによるオファーのやり方

 

について、お伝えします。

 

セラーとして、カスタマーとのやりとりで

気をつけることはいくつかありますが、

 

私がいつも優先して考えていることは、

 

「カスタマーとのやり取りを

大切にする」

 

ことだと考えています。

 

高額商品を扱っているわけですから、

カスタマーからの問い合わせは

とても多いです。

 

たくさんの問い合わせやコメント、

さらには苦情などもあります。

 

私は、外注さんをやとって

返事を出しているのですが、

 

質問自体は、毎回チェックしていて、

これは、と思うような案件は

こちらからギターをオファーしています。

 

また、無在庫販売で、

オリジナルの出品先に

ギターが売れていて無い場合なども

必ずオファーをだしています。

 

通常のコメントの返事や、苦情対策は

外注さんにお任せしています。

 

オファーをするときには、

リサーチをしないといけません。

 

オファーの時は、

カスタマーが欲しいギターを

適正な価格で提案することが

大切です。

 

無在庫販売でギターがなかった時には、

同じモデルを同じ価格で

オファーするのが一番良いです。

 

通常、リサーチは

出品外注さんに任せているので、

 

出品外注さんに

オファー案件のリサーチをお願いして、

 

私が確認して、メール担当から

カスタマーに返事を

出してもらっています。

 

このオファーって、結構重要です。

 

ここで大切なことは、

 

「早く返事すること」

 

だと思います。

 

カスタマーは商品が欲しいわけですから、

早く返事しないと、

他のセラーから購入する事が多いです。

 

ギターは高額商品ですから、

無在庫販売がとても多く、

 

自分と同じ機種のギターを他のセラーが

出品している例が時々あります。

 

カスタマーから、

全く同じ写真で同じギターが

出品されているが、

これはどういうことか?

 

との問い合わせが、結構来るからです。

 

ギターの販売は、

セラーとカスタマーとの信頼関係が

とても大切になります。

 

カスタマーが知りたいことを

的確に伝えること、

 

早く返事を出すこと、

 

そして、

丁寧に、感謝の意持ちで返事を出すこと。

 

当たり前のようですが、ひとつひとつが

信頼になり、自分のセラーとしての

評価を上げていきます。

 

つまらないことかもしれないですが、

私はオファーの時には、

いつもここに気をつけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です