ギターを販売するプラットフォーム の考え方

今日は、

 

ギターを販売するプラットフォーム

の考え方

 

について、お伝えします。

 

ギターを仕入れて販売する

プラットフォームですが、

 

売れるプラットフォームであれば、

どこに出しても問題はないと

考えています。

 

eBayだけでなく、

ヤフオクでもメルカリでも、

どこでも良いと考えています。

 

ただ、私の印象として、

物販のやりやすさと売り上げは、

あまり関係がないと考えています。

 

プラットフォームはどこでも良いですが、

Amazon国内転売だと、

やりやすさの問題から、

非常に多くの方が参入していて、

価格を安価に設定していないと、

なかなか売れないと思います。

 

また、Amazon国内転売は、

日本で仕入れて、日本で販売するため、

 

たとえば、中古品の無在庫販売は

ネットショップなどからの引用を

行うと、全く同じ写真を用いるため、

クレームが出るなど

ややこしい一面も併せ持つと

思います。

 

こう考えると、eBay輸出などの

日本以外のプラットフォームで

販売することは、比較的

都合良いと思います。

 

もしもあなたが、無在庫販売で

国内でギターを販売するのでしたら、

 

写真に工夫を加える。

 

商品説明を自分の観点で記載する。

 

などの工夫をしてみて下さい。

 

トラブルを避けるための工夫を

してみて下さい。

 

国内のプラットフォームを用いた

無在庫販売は、

 

新品商品であれば、

問題ないのですが、

 

私たちが扱う中古1点物のギターの場合は、

気をつけないとだめですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です