在庫して良いギターの基準と考え方

今日は、

 

在庫して良いギターの基準と考え方

 

について、お伝えします。

 

ギターは高額商品ですから、

在庫しながら出品していく形よりも

無在庫販売でネットショップや

その他の店舗から、売れたら

購入するパターンが多いと思います。

 

どちらが売れやすいかと言えば、

どちらとも言えないのですが、

 

少なくとも、有在庫販売の方が

安価に仕入れていることが多いので、

利益が出るように感じています。

 

ですが、有在庫販売をしなくてはいけない

理由はないわけですから、

無在庫販売でも問題はないと

考えるのが普通です。

 

在庫販売を行う時のやり方ですが、

 

・過去に何度か売れたギターを探してみる。

・eBayのpage viewとwatchingから

判断する。

・相場価格リストを見ながら、定番ギターをリサーチし、安価なギター探す。

 

こんな方法が考えられます。

 

ギター転売にしばらく取り組めば、

絶対に売れるギターはわかりますから、

 

この手のギターがあれば、

仕入れるとよいわけです。

 

ところが、ここで

マインドブロックがかかります。

 

たとえば、20万円のギターがあって、

売れ筋で、しかも安い、状態も良い。

 

このギターをあなたは仕入れることが

出来ますでしょうか。

 

1本で20万円以上稼げるギターがある、

過去に、自分から、

このギターが売れたことがある、

 

これも同様です。

 

仕入れられますか?

 

私は、1本100万円以上のギターでも

 

このギターなら絶対に売れる、

絶対に稼げる、

 

そう考えられるギターなら、

スグに購入します。

 

ところが、ほとんどの人、ほぼ全員ですが、

これが出来ない。

 

ですから、ギター転売で

大きく稼ぐことが難しいと思うのです。

 

個人が副業で、ネットビジネスを

やっていて、

大きく稼げない理由の1つは

ここにあります。

 

たとえば、大きな企業が、

ギター転売をやっていて、

こんなギターを見つけたら、

100%購入して転売すると思います。

 

これが、転売の仕事のやり方ですから。

 

ところが、個人ではこれが出来ない。

 

だから大きく稼げない。

 

そう思いませんか?

 

私は無理する必要はありませんが、

あなたが本気で稼ぎたいのであれば、

 

少しずつこのやり方を

取り入れて欲しいと思います。

 

私が稼ぎ続けられる理由のひとつは、

これが出来るからだと思います。

 

あなたにもできます。

 

ギターの販売だけで、年収1,000万円と

いうような、大きな収入は、

あなたの考え方を大きく変えないと

なかなか達成できないと思います。

 

田舎の小さな町工場でも、従業員に

何十万円という給与を、

きちんと支払っています。

 

あなたは世界に向けて、

ギターを販売しています。

 

なのに、あなたには、

この収入が入ってこない。

 

どこか、考え方や、仕組みが

おかしいと思わないですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください