高額なギターと 低価格なギターのいずれが良いのか

今日は、

 

あなたが扱うギターは、高額なギターと

低価格なギターのいずれが良いのか?

 

について、お伝えします。

 

多くの方が無在庫販売でギター転売に

取り組まれていると思います。

 

その理由の1つに、

自己資金がなくても稼ぐことが

可能である、というメリットがあります。

 

と言うことは、

出品するギターの価格については、

どのように考えると良いのでしょうか。

 

高額なギターは

誰もが欲しがるギターですが、

売れにくい。

 

一方で、たとえば、

国産の安価なギターは売れやすいが、

無在庫販売だと在庫切れや

他のセラーと競合する。

 

これらの問題があります。

 

私は、1つの考え方として、

 

「ギター販売は価格とそれほど関係無い」

 

と言うふうに、考えています。

 

本当に価格が高いギターが

売れにくいのでしょうか?

 

わたしは、そうは考えておらず、

重要なのは、

あなたがリサーチして見つけたギターが、

 

人気のあるギター

売れるギター

 

であるかどうか、だと思います。

 

ギターは高額ですが、趣味の商品ですので、

欲しい方は、お金の糸目をつけずに

どんどん購入する傾向があります。

 

たとえば、部屋一杯にギターを持っている

人の写真を見たことがないでしょうか?

 

本当にギターを愛している人は、

類似機種のギターでも、

購入することがあります。

 

たとえば、アコギなら、

マーティンのD-28を購入した人は、

マーティンのD-18やD-45を

購入したがります。

 

さらに、ギブソンのJ-45も欲しい・・・

 

こんな風になりがちです。

 

お伝えしたいことは、

ギターの価格が高いから

売れにくいのではなく、

 

あなたが出品しているギターの価格が

相場価格と比較して、

高いのか、それとも安いのか?

 

あなたの出品しているギターが、

人気のあるギターで

稀少な入手しづらいギターなのか

どうか?

 

こう言った点を重視して、

ギターを出品してほしいということです。

 

ギター転売は薄利多売ではありません。

 

ギターが1本売れれば、利益は

3万円位からになります。

 

ということは、売れるギター、

人気のあるギターを

いかに効率よく見つけるかが

キーとなってきます。

 

数多くのギターの中から、

カスタマーが欲しがるギターを

上手く見つけることが

最重要課題です。

 

そして、高額なギターでも

その相場価格を頭に入れて

ギターを出品していけば、

 

大きく稼ぐことが可能です。

 

これを地道に繰り返すだけです。

 

あなたにもできるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください