相場にあった価格で出品しよう

今日は、

 

相場にあった価格で出品しよう

 

について、お伝えします。

 

ギターで稼ごうとして、たくさんの

ギターを出品されていますでしょうか?

 

たとえば、1,000本出されている方、

おられますよね。

 

これは、これで結構なのですが、

価格について、もう一度

考え直してみて下さい。

 

あなたがカスタマーなら、

安価なギターの方が

購入しやすいはずです。

 

ただでさえ、無在庫販売で

小売りから仕入れて、

小売り販売している方が

多いわけですから、

 

価格について、

相場価格より高すぎないか、

もう一度見直してほしいです。

 

利益を取るために、かなり高額で

出品されている方が散見されます。

 

これだと、やはり売れにくいです。

 

ギターの価格自体が高額であることは

問題なく、

相場より高いことが問題なのです。

 

相場価格は、過去に

そのプラットフォームで売れた価格を

参考に考えるとよいです。

 

仕入れ先の相場価格、

仕入れる際の価格相場リストで

わかります。

 

販売時の相場価格はこのリストの価格に

利益を上乗せした値ですね。

 

これは、実際に販売している

プラットフォームで調べると

良いわけです。

 

当たり前のことですが、

これがきちんとできていますでしょうか。

 

価格が高すぎると、売れにくいです。

 

ところが、ほとんど考えずに

出品されている方が、

とても多いように感じます。

 

おそらく、出品外注さんへの

指示の出し方に問題があります。

 

たとえば、最安値が$1,900 USDの

ギターがあなたのプラットフォームで

出品されていたとします。

 

地域差から関税問題もありますから、

国内で販売している人が有利です。

 

従って、これと同じ機種のギターを

あなたが出品するならば、$2,500以上だと

売れにくいですね。

 

ギターに特徴があれば別ですが、

通常の中古品販売だと

このくらいまでが限界です。

 

あとは、バランスです。

 

ギターの価値、特徴のあるギターかどうか、

製造年からみて状態が良いか、

 

これにより、価格は変動します。

 

これをいかに上手くカスタマーに

伝えるかです。

 

これが出来ていない方も結構おられます。

 

あなたのプラットフォームで

上手な出品者と比較して、

あなたの説明が貧弱でないか、

検討してみて下さい。

 

売れているセラーは、

自分とどこが違うのか?

 

研究してみると良いですね。

 

何事も、一歩ずつです。

 

コツがわかれば、売れ出しますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です