外注さんへの依頼の仕方

今日は、

 

外注さんへの依頼の仕方

 

について、お伝えします。

 

外注さんを頼んでおられるかたは、

上手く外注さんに作業を

やっていただいておられるでしょうか。

 

外注化は自分で出来ることを

自分の手以外でやるというものです。

 

自分で上手く出来ないのに、外注化すると

どうなるでしょうか。

 

上手く行っている時には良いのですが、

ある特定の外注さんがいなくなると、

とたんに売り上げが落ちたり、

ひどい場合だと上手く作業が

回らなくなったりします。

 

これは、外注化ではなく、

他の人に作業を委託していて、

その方次第で上手くいくことが

あったり、

 

そうではないこともあるという

ケースです。

 

間違って欲しくないのは、

自分がやっているという

意識を持つことです。

 

外注化はとても大切ですが、

これは、自分で作業が出来ていて、

その作業を代行してもらうことであり、

 

外注さんに考えてやってもらうこと

ではありません。

 

やり方を考えて依頼するのは、

自分の方です。

 

時々、特定の外注さんに

全てを任せて、依存している方が

おられます。

 

これだと、調子の良いときに稼ぐことは

可能ですが、

 

上手くいかなくなると利益が落ちます。

 

といいますか、ギターがうれなくなります。

 

これを防ぐためには、いつも、

自分を見つめて、今のやり方でよいのか

考えることだと思います。

 

最終的には、あなたが、いかに効率の良い

方法でギターを探し出しているのか、

 

言い換えれば、売れるギターを

見つけることが出来るかです。

 

丸投げして、作業をやってもらうこと

ではないのです。

 

たくさん出品されているのに、

なかなかギターが売れないと言う方は

 

もしかすると、

あなたはあまり考えておらず、

 

外注さん任せになっていないでしょうか。

 

これだと、何百本出品していても

なかなか売れないし、

 

いつまで経ってもその状況は

好転しないです。

 

ここのところは、外注化のキモ

ですから、

 

きちんと理解して、外注さんに

作業依頼してくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です