私の外注化の取り組み

今日は、

 

私の外注化の取り組み

 

について、お伝えします。

 

ギター転売に限らず、外注化しないと

稼げないことを、何回か

お伝えしていますが、

 

具体的にどこから外注化してよいのか

迷っておられる方も多いと思います。

 

どこから外注化するかは

人により、

また、その人の物販の経歴から

異なりますが、

 

単純作業の繰り返しの部分は

外注化した方が絶対に良いです。

 

わたしが、どういう順番で外注化したか

考えて見ると、

 

リサーチ・出品

 

仕入れ発送

 

大きく別けてこの2つから

スタートしました。

 

ギター転売のように薄利多売でない

カテゴリーは、

 

発送はそれほど手がかからない

とも言えます。

 

このことから

個人的には、外注化は、

出品からだと思います。

 

ギター転売の場合は、

無在庫販売で

画像編集などを伴う作業が

出てくることから、

 

どうしても時間がかかります。

 

また、ある程度の数の出品が

専門店化にもつながりますので、

有効だと思います。

 

そんなわけで、

ギター転売をやられている方は

早い時期に出品を外注化されると

よいと思います。

 

出品はリサーチとセットにして

外注化すると、かなり効率的です。

 

その方がミスも少ないですし、

時間の短縮にもつながります。

 

次は、発送でしょうか。

 

発送は、仕入れとリンクさせると良いと

思います。

 

仕入れですが、ギター転売の場合は、

大手の販売店以外は、

クレジットカード決済が

出来ないことも多いので、

 

現金の振り込みになります。

 

これは、ネットバンキングで行っています。

 

こうすることで、

リスクは最小限に抑えられ、

 

お金を直接触ることなく、

決済できますから、

 

自分以外の人による決済でも

比較的容易です。

 

こんな感じで外注化をやっています。

 

あなたも、

1日も早く外注化に取り組んで

大きな利益を得て下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です