薄利多売でも大きく稼ぐには

今日は、

 

薄利多売でも大きく稼ぐには

 

について、お伝えします。

 

Amazon輸出をやっておられる方の多くは、

薄利多売形式だと思います。

 

そのため、何万点という商品を

出品しておられますね。

 

こうすることが稼ぐ秘訣だからです。

 

これは、間違ってはいないのですが、

多くの方は、薄利多売の時点で

息切れしてしまっていて、

 

稼げなくなってきている方が

非常に多いと思います。

 

というのは、

作業量がとても多いからです。

 

そのため、外注化がキモとなります。

 

外注化が上手く出来ている方は、

成功しており、

 

一方で、自分ひとりでやられている方は、

なかなか稼ぐことが出来ないと思います。

 

要は、仕組み作りが

いかにうまく出来ているかですね。

 

一般的ですが、薄利多売の場合は、

物販ビジネスのセンスが問われると

思います。

 

規模の拡大や、外注化の取組み、さらには、

資金繰りなど、注意すべき点が

たくさんあります。

 

ただ、これには比較的良い解決策が

あると思うのです。

 

それは、

 

薄利多売のビジネスでも、

「高額商品の販売を併用する」

 

こと、だと思います。

 

薄利多売で稼ごうとする方は

高額商品を扱うこと自体、

リスクがあると考えている方が

多いです。

 

資金の問題や、在庫のリスクです。

 

実はそんなことはありません。

 

私は、高額商品と安価な商品を織り交ぜて

販売すれば良いと考えています。

 

安価な商品は、価格が安いという理由で

とてもたくさん売れます。

 

一方で高額な商品は売れにくいという

面があるものの、売れる商品が

きちんとリサーチ出来ていれば、

 

売れていきますので、

問題ないのです。

 

紛失や配送時の破損などのトラブルは、

安価な商品でも高額な商品でも

同じように発生する訳ですから、

心配する必要はないですね。

 

薄利多売だと価格競争が激しいし、

場合によっては在庫がないという

リスクもあります。

 

高額商品販売は、1点ものですので、

売れてしまうと、販売出来なくなりますね。

 

当然のことながら、薄利多売に比較して

高額商品の販売による利益は

大きいことが想定されます。

 

いずれにも長所、短所があり、

結局はこのバランスをいかにうまく

とりながら販売できるかが、

キーとなります。

 

わたしは、いずれの販売方法でも

きちんとその物販特性を理解して

販売していれば、稼げると思います。

 

つまりは、いずれか一方の販売方法のみを

採用するのではなく、バランスの取れた

販売の仕方、物販を進めることが、

失敗なく稼ぐための秘訣だと

考えていると言うことです。

 

どんな場合でも、

人の真似だけで終わるのではなく、

よく考えて、自分なりの戦略を

構築できている人が成功しています。

 

次に成功するのはあなたの番です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください