在庫販売の有用性を認識する

今日は、

 

ギター転売における

在庫販売の有用性を認識する

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で成功している

方を何人か拝見すると、

 

とにかく、実践している量が

とても多いです。

 

まずは、出品数から始まり、

テスト販売している、

実際には稼ぐことが出来るかどうか

わからないような楽器も

たくさん出品している、など、

 

様々なことを、次々にやっています。

 

そして、物おじせず、リスクがあっても

どんどんやりこなす。

 

これって、典型的な成功者のパターンです。

 

多くの成功者は、実は失敗からスタート

している方が多いです。

 

本来は失敗せずに、成功のみすると

良いのですが、それは、実は

なかなか難しかったりします。

 

やってみて、上手くいかないことの方が

多いからですね。

 

私が、最初にギター転売を始めたときには、

ヤフオクから仕入れる無在庫販売で

 

結局は競り上がってしまい、

赤字で無在庫販売したことがありました。

 

その時の教訓から、価格相場を

頭に入れることの

重要性を学んだのでした。

 

多くの方は、

自分がやっているつもりでも、

実は作業量が少なかったり、

 

無駄なことばかりやっていたりして、

自分ではそれに、

気がつかないこともあります。

 

実はそれは

必要なことかもしれないですが、

 

メンターの方にご指導いただけると

少ない失敗で大きく稼ぐことが

可能となります。

 

私が多くの方にアドバイスしていて、

どうしても受け入れて

いただけないことの中に、

 

ギター転売では、無在庫販売よりも

在庫販売の方が稼げる。

 

と言うアドバイスがあります。

 

これは、ギターが高額商品であることから、

なかなか難しいのかもしれないですが、

 

売れるギターで、

価格相場より安価な商品は、

高額でも仕入れてみて下さい。

 

それは、リスクとならずに、

成功となります。

 

ところが、どうしてもこれが出来ない、

 

出来ないから、大きく稼げない。

 

私は数多くの経験をしているので、

このギターなら絶対に稼げる、

と言うギターがわかります。

 

ところが、どんなに言っても

在庫販売をしようとしない方が

とても多いです。

 

これでは、なかなか大きく稼げないです。

 

最初からこれをやってほしいと

言っているわけではありません。

 

ですが、慣れてきたら在庫販売の方が

大きく稼げますので、

ぜひ、トライしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です