ギターの弦は張っておいた方が良い?

ギター転売で、発送時にギターの弦を張っておいた方が良いのかどうか、問い合わせがあったことがあります。

確かに、ギターの弦を張っていると、その張力から、配送時にギターにダメージがあるのではないかとの心配があります。

私からの答えは、張っておいた方が良い。となります。

たしかに、ネックへのダメージが考えられます。

しかし、今まで、ギター転売で、弦を張らずにカスタマーに送った、手渡ししたことはありません。

すべてのギターで、弦を張った状態でお渡ししています。

飛行機で外国に輸送しても、弦が張ってあるからといって、特別問題は出ていません。

それよりも、弦が張っていないと、ギターが到着したときに、すぐに弾けないじゃないですか・・・

もしも私なら、ギターが着いたら、すぐに弾きたいです。

弾きたいから、購入していると思います。

ご存知だと思いますが、ギターの弦を張るのには、すこしばかり時間がかかります。

おまけに、張ったすぐは、弦が伸びて、ピッチが狂いやすいです。

ですから、私の場合は、いつも弦を張った状態でお渡ししています。

いままで、何十本ものギターを販売してきましたが、一度も問題はありません。

もしかしたら、弦を張っていないと逆に文句言われたりして・・

やってないのでわかりませんが。

P.S.

私のネットビジネスのやり方は、小玉さんの提唱した、ネットビジネスのゴールデンルールに基づいています。

この方法で、私は短期間でネットビジネスを理解し、さらに様々なプロセスを踏むことで、
大きな利益を得ることができるようになりました。

今日はこのゴールデンルールを教えてくれる、私がよく知っている、メンバーからのセミナーのお知らせです。

このセミナーで発表される方は、みなさん、短期間で大きな成果を上げておられます。

私と同じように、このゴールデンルールで成果を上げられた方たちです。

このセミナーの内容を身につければ、短期間で大きな成果をあげられると思います。

あなたもこのセミナーに参加して、夢をつかみませんか?

下記から申し込めます。

ゴールデンルールセミナー2015
http://bit.ly/1xrt7jY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です