売れたギターがなかったら、どうするのか?

今日は、

 

無在庫販売でギターが売れたのに

ギターがなかったら、どうするのか?

 

についてお伝えします。

 

ギター転売をやられている方は、

無在庫販売をやられている方が

とても多いと思います。

 

資金がなくてもできること、

売れるギター、稼げるギターが

わかれば、どんどん売れることなど、

無在庫販売はとても楽ですからね。

 

ところが、無在庫販売の悲しいところは、

実際に自分の出品している商品が

売れても、もとのネットショップで

ギターが売れていれば、

 

先方へギターを販売することが

出来ない点です。

 

こんな時には、どうすれば

良いのでしょうか。

 

こんな時には、まず、丁寧に

お詫びしてくださいね。

 

大変申し訳ありません、

このギターは先日、当ショップより

日本のカスタマーが購入されて

在庫がありません。

 

ご不便をおかけします。

 

こんな感じの文章を書けば良いのです。

 

多くの方は、ここで終わっているはずです。

 

あなたは、ここで終わっては

いけないですよ。

 

ギターがなければ、代わりのギターを

オファーして、かならず購入して

もらうようにしてくださいね。

 

これが、とても大切です。

 

カスタマーはギターを購入してくれた

人ですから、そのギターがなくても

別の同様のギターを

購入してくれることが

非常に多いです。

 

この際に、気をつけないといけないことは、

完全に同機種のギターを奨めること、

 

さらに価格も同じか

少し低いくらいにすること。

 

エレキギターなら

生産国や、ギターの色、重量、特徴

ギターの状態、

 

これらも出来るだけ合わせます。

 

すると、購入してくれることが

結構多いです。

 

多くの方が、このオファーをせずに

諦めていると思います。

 

これだと、非常にもったいないです。

 

最後まで、きちんとカスタマーと

向き合って、ギターを販売していく姿勢が

とても重要です。

 

ダメを承知で、

オファーするようなものですから、

 

カスタマーが気に入らないことも

たびたびあります。

 

ですが、これをやらない手はないです。

 

みすみす、売れる物を

逃していることになります。

 

単純で、余計なお世話かもしれないですが、

こうやってひとつずつ

解決していくことで、

 

大きな利益となってきます。

 

ぜひあなたもやってみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください