価格を下げると売れるのか?

今日は、

 

ギターが売れないときには、

価格を下げるのが適当か?

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていると、有在庫でも

無在庫でも、どうしても売れないギター

が出てきます。

 

これを売るためには、どうすれば良い

のでしょうか。

 

確かに、価格を下げればギターは売れ

やすいです。

 

しかし、それでは、利益が少ない場合が

多い。

 

きちんと利益を取って、販売するためには、

 

もう一度写真を撮り直す

 

ことが、結構有効だったりします。

 

写真が異なれば、別のギターとして

認識され、購入されることは

たびたびあります。

 

vintageギターには価格がないので、

高額なことが多いのですが、

売れない場合、写真を変えるだけで、

簡単に売れたりします。

 

これは、閲覧が同じギターばかりに

集中する事から考えても、わかります。

 

このように、ギターが売れないのは、

価格が高いことだけではないことを

覚えておいて下さい。

 

同様に、価格が安いからと言って、

売れる訳ではないです。

 

価格が、同様の商品に比較して、

安ければ、何かあるのでは?

と思って、売れない事もあります。

 

このように、販売価格は適正で

ある事が最大限の武器かも知れないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください