これで稼げるシリーズー商品を絞ったら最初にやることー

今日は、

 

商品を絞ったら最初にやること

 

について、お伝えします。

 

物販は、安く仕入れて高く売る。

 

これが基本です。

 

これが出来ていないと

当然稼げない訳で、

 

いかにこのパターンを作り出すかを

考えないといけないわけです。

 

たとえば、新品の薄利多売の商品を

見つける場合は、

ツールなどをもちいて

価格差のある商品を

自動的に見つけてくる方法なども

考えられます。

 

そうなるといかに優れたツールを

用いるのか、あるいは

ツールが上手く使えるかが

重要な鍵となります。

 

ギター転売の場合は、このようなツールに

依存したリサーチや販売方法では

ありません。

 

理由は、中古1点物の販売ですので、

そのギターがどれだけ人気があり、

同じ機種が過去にいくらで売れたかを

正確に認識することが必要だからです。

 

そこで、やっていただきたいのが、

あるギターを見つけたら、

そのギターの価格は一体いくらなのか?

 

これがわかるような、相場価格を

覚えてしまうことです。

 

たくさんあるギターの相場価格を

覚えてしまうのは、難しいですが、

 

モデル毎に相場価格を覚えると

よいですね。

 

また、最も売れるのは、いわゆる

「定番ギター」なので、

 

この定番ギターの相場価格を

覚えてしまうことです。

 

たとえば、エレキギターですと、

レスポールやストラトキャスターは

定番ギターですので、

 

リストを作成して、そのギターの価格を

覚えると良いわけです。

 

あなたが手がける商品が決まったら、

ぜひ、この価格をあまたに入れるための

リスト作りをやってみて下さい。

 

過去に何人もの方のリストを拝見して、

とても優れたリストを

何度も見たことがあります。

 

リストを作成することが目的ではなく、

目的は、価格を頭に入れることです。

 

ですから、リスト自体をきれいに作成する

必要はありません。

 

あるギターを見たときに、そのギターが

安価なのか、仕入れたら稼げるのか、

これがわかれば良いわけです。

 

過去に売れたギターの一覧表を

ギターのモデル、価格、製造年、

無在庫販売の場合は、引っ張った先の

ネットショップのURL、などを

エクセルなどで作成すると良いです。

 

そして、ソート機能をつけて、

あるギターをみたら、

そのギターのモデル名でソートして、

価格がすぐに出てくるようにすれば

良いわけです。

 

このリストを3か月分くらい作成すると

良いですね、

 

もしも不安であれば、

このリストを私までお送り下さい。

 

コメントさせていただきます。

 

まず、最初にやることは

このリストの作成です。

 

そうすれば、どのモデル、どの機種が

稼げるのかわかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です