これで稼げるシリーズ-カスタマーとの距離は短い方がイイー

今日は、

 

カスタマーとの距離は

短い方がイイ

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

本当にたくさんの問い合わせが

来ると思います。

 

特に商品の状態や価格交渉が

多いと思いますが、

 

カスタマーに何を伝えると

良いのでしょうか?

 

私は、セラーとして、

 

「信用」

 

が、大切だと感じています。

 

信用を勝ちとるために、

「誠意」や「真面目さ」を伝えると

良いと思います。

 

カスタマーは価格が安いと

ギターを購入する傾向にありますが、

 

最終的には、セラーを信用して

購入してくると思います。

 

それは、ギターという商品が

高額なので、最終的には

信頼しないと購入できないのだと

感じています。

 

その意味でも、

カスタマーとの距離が短い方がイイです。

 

きちんとカスタマーからの

問い合わせには答えること、

 

出来るだけ早く、返事を返すことなど、

短いやり取りの中で、どうやったら

信用してもらえるかを

考えるべきだと思います。

 

薄利多売で商品を販売してきた方には、

このことはなかなか理解しずらいと

思います。

 

自分を信頼してくれれば、

リピーターとして

再度ギターを購入してくれることも

ありますし、良いことずくめなのです。

 

今日も私の所に来たメールの中に、

 

「ハイ、僕のこと覚えていますか??」

 

みたいなフレンドリーなメールが

来たりして、

 

信頼とか、親しさ、とかいった、

物の販売とは、

少し異なった次元の話が、

ギターの購入には必要なのだと

痛感しています。

 

あなたも、カスタマーと親しくなって、

リピーターになってもらって、

どんどん売り上げをあげて欲しいと

思います。

 

地道なやり取りですが、

コレが結構、有効だったりします。

 

わたしは、こんなやりとりを楽しみながら

ギター転売を続けています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です