これで稼げるシリーズー高額商品を売るときのちょっとしたコツー

今日は、

 

高額商品を売るときの

ちょっとしたコツ

 

について、お伝えします。

 

少しおかしな話題ですが、

ギターのような

高額商品を販売するときの

ちょっとしたコツを

お伝えしたいと思います。

 

ギター転売の場合は、

商品は高額ですから、カスタマーは

少しでも安価に購入したい、

 

あるいは、値切って安く買いたいと

考えるのが普通です。

 

また、eBay輸出で外国に商品を

発送する場合には、

 

ギターの場合は、送料が1万円以上

かかりますね。

 

今日の話題は、

価格交渉時に役立つ送料設定の話です。

 

最終的には、先方のカスタマーが

支払う金額は、

 

ギター本体+送料

 

となりますね。

 

ここで、カスタマーは、

ギターの価格について、

値引き交渉をしてきます。

 

通常は、ギター本体のみの価格交渉です。

 

送料については値引きしてくれとは

言って来ないことが普通です。

 

ここで、コツですが、

 

「送料を少し高めにつけておく」

 

ことです。

 

すると、どういった展開になるかですが、

 

ギター本体 $1,000

送料 $150

 

だと、ギター本体を$850に

してくれないか、と

連絡してきますね。

 

そのカスタマーの配送国を見てみると、

実は、送料はギターの重量から考えて、

13,000円だったりします。

(通常保険料込みでも

このくらいの金額です。)

 

となると、送料だけで、

3,000円~4,000円位の利益が出る

ことになります。

 

となると、$850で販売しても

利益が出ていたりします。

 

これって、大きいですよね。

 

ちょっとしたコツですが、

ギターの販売本数が、多くなると、

コレだけでも月に10万円近くの

利益増となります。

 

また一方で、カスタマーから

 

この価格にしてくれたら、購入しても良い。

 

と言うような、強引なオファーがあっても

送料の差額分は値引く事が可能ですね。

 

最終的にはトータルの金額で支払って

くれるわけですから、

 

わずかですが、やってみる価値は

あると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です