これで稼げるシリーズーギターの修理と販売ー

今日は、

 

ギターの修理と販売

 

について、お伝えします。

 

ギター転売では、

中古のギターを扱います。

 

理由はいくつかありますが、

新品ギターは楽器店には

かなわないからです。

 

新品ギターは商品の差別化が

出来ないので、

 

最終的に、価格で勝負する

しかないのです。

 

ですから、卸値価格で仕入れが

可能な楽器小売店には、

叶わないからです。

 

中古楽器は、同じ年、同じメーカー

から生産されたギターでも、

 

ギターのコンディションが大きく

異なります。

 

そのため、場合によっては、

商品価値がないようなギターも

たくさんあります。

 

ですが、基本的に転売の場合は

修理が必要なギターは

仕入れてはいけないです。

 

修理は費用がかなりかかります。

 

そのため、修理して販売すると

利益が取れなくなるからです。

 

ここで、考えないといけないことは、

そのギターの人気や、価値です。

 

本当に人気があり、売れるギターは

修理が必要でも利益が取れれば

購入してもかまわない

考えています。

 

貴重なギターや、ほんのわずかな

修理で済むような場合、

 

売れるギターや価値あるギターは

仕入れても良いと言うことです。

 

修理の費用ですが、

 

アコースティックギターの場合、

ギターの木部の修理、たとえば、

クラックの補修などは、

大きな費用がかかります。

 

ですから、この場合はオススメ出来ません。

 

また、ネックの調整は

トラスロッドで行うことができれば、

 

修理費用はほとんどかかりません。

 

また、サドルやフレットの交換は数千円で可能ですから、これも対象の範囲内

だと考えています。

 

このように、自分がギターを

販売したときに、

利益が取れるかどうかを判断して

ギター転売を行うと良いです。

 

国産のギターの場合で、

古い中古のギターは

価格がとても安価なことが多く、

修理すると利益が取れないことが

多いです。

 

ですから、たとえば、

クラックの修理やフレットの

打ち直しをやっていては、

利益を取ることは難しいですね。

 

上手く判断して、利益が取れれば、

仕入れて販売すれば良いのです。

 

無在庫販売の場合でも、

楽器店と相談しながら

仕入れや修理をするとよいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください