ジャンクギターで、仕入れてはいけないギターとは?

今日は、

 

ジャンクギターで、

仕入れてはいけないギターとは?

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていて、これは!!

というギターは仕入れて販売すると

イイですね。

 

この方が確実に稼げます。

 

ここで、気になるのが、

 

仕入れてもいいジャンクギター

仕入れてはいけないジャンクギター

 

この区別をどうやってつけるのか?

 

ということです。

 

これは、ジャンクである内容が

どんな内容であるかにより、

仕入れても良いか、仕入れてはいけないか

判断する必要があります。

 

仕入れても良いかどうかは、

 

「ギターの演奏に問題がないか」

 

ということに、大きく依存します。

 

もっと言うのであれば、

ネックや音自体に問題があるギター

 

これは仕入れてはいけないです。

 

ギターは趣味の製品で、

カスタマーは、

演奏することが目的で購入する

わけですから、

 

演奏に支障があれば、これは、

クレームが来ます。

 

たとえば、ネックが曲がっていて、

演奏できない。

 

フレットが減っていて、演奏すると

ビビリがある。

 

ナットの切れ込みが深くて、

ハイポジションで演奏できない。

 

こんな、演奏上で問題の出る

ギターは仕入れてはいけません。

 

また、私は、商品価値の低下するような

問題が出そうなギターは

仕入れないようにしています。

 

たとえば、エレキギターで

電気系統に問題があり、

修理すれば問題は出なくなるが、

 

現時点では修理が必要なギター。

 

フレットが減っていて、現時点では

残りが50%程度である。

 

近いうちに交換が必要である。

 

こんな修理が必要そうなギターも

仕入れないようにしています。

 

このように考えると、

全く問題のないギターであれば、

仕入れは誰でも出来ますが、

 

ジャンクギターはある程度の場合は

ある程度のギターの知識が必要で、

 

全くギターのことがわからない方は

誰かよくご存知の方に

聞いてから仕入れた方が無難です。

 

無在庫販売でも仕入れてから、

問題が発覚し、結局は販売後に

返品となってしまう。

 

こんなパターンにならないように

注意が必要です。

 

無在庫販売の場合なら、

価格が他のギターに比較して

かなり安価な場合は、

気をつけた方がよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください