紙の箱による発送でリスクを0%にする方法

今日は、

 

紙の箱による送付での

ちょっとした注意点

 

について、お伝えします。

 

ギターが売れたら、送付するわけですが、

 

アコースティックギターは

ハードケースに入れて送ることを

オススメします。

 

それだけ、木部が多いので、壊れやすいと

いうことです。

 

ではエレキギターの場合は、

どうでしょうか?

 

エレキギターの場合は、紙の箱に入れて

送付しても問題が出たことは

ありません。

 

ですから、無在庫販売でギターを

送付されているかたは、

 

ネットショップから送付されてきた

ギターが入っていた紙の箱を用いて、

 

ギターを送付すると良いです。

 

紙の箱で送付する時の

ちょっとした注意点ですが、

 

「ギターが中で動かないようにする」

 

ことだと思います。

 

ギターはネックとボディーという、

壊れやすい構造をしています。

 

ですから、注意点としては、

 

重量物を載せるとか、配送時に投げられる

とか言うものよりも、

 

移動するときに、箱の中で動いて破損する。

 

これが、最もリスクが高いと

感じています。

 

ハードケースの場合、確かに中で動く

事もありますが、ギター自体がケースで

守られているため、

 

それほど大きな問題点はでないと

考えています。

 

ところが、直方体の紙の箱の場合、

中でギターが動いて、破損する

と言うことが起こりえます。

 

そのためこの方法による輸送では、

 

中に詰め物をたくさん入れて、

動かないようにすることが大切だと

考えています。

 

紙やプチプチであれば、問題ないです。

 

なかには、梱包の方法まで、

細かく指定してくるカスタマーがいます。

 

この手の方には、写真を撮ったりして、

対応すると、良いと思います。

 

いずれにしても、受け取ったときに

壊れていないこと、

 

また、手抜きの梱包は、見た目だけでも

わかるものですから、注意したいですね。

 

出来るだけ安価に送付したいのは、

わかるのですが、

 

壊れていては、どうしようもない

ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください