私の値引き交渉の進め方

今日は、

 

値引き交渉のやり方

 

について、お伝えします。

 

カスタマーからの連絡で、販売価格の

値引き交渉があると思います。

 

これは、よくあることなので、

私の場合のやり方をお示ししておきます。

 

まず、最初に価格設定の方法ですが、

値引きできるように

ある程度の余裕を持って、

価格設定をしておくと良いです。

 

そして、価格交渉は

できるだけ、

 

「ギター本体のみ」

 

で、行う方が良いです。

 

もしも、送料を含めたトータルの金額で

交渉をしてきたら、それにも応じます。

 

ちなみに、どうしてこう言っているか

と言いますと、

 

価格交渉は、通常、ギター本体のみで、

送料は値引きしないからです。

 

トータルで交渉するときも、

送料を少し高めに取っておくと、

その分、余裕があるので、

大きめに値引きが出来て、

お得感があるからです。

 

考え方として、送料無料で出品する

こともOKです。

 

これも様々なメリットがあります。

 

次に大幅な値引き交渉をしてくる

カスタマーに対してですが、

 

こちらのスタンスを

ハッキリと伝えています。

 

あなたのリクエストには答えられない。

 

もしもあなたのリクエスト通りなら、

当店は赤字になってしまいます。

 

こんな文章を送って、

当店の事情も理解してください。

 

と書くと、たいていは、

 

「わかりました」

 

みたいな返事が返ってきますね。

 

値引きですが、値引き後の金額を

伝えてから、

 

いつまでに返事して欲しい、とか

 

このギターは人気があるので、

他のカスタマーが購入しないうちに

早めに決断した方が良い、

 

こんな内容も追記しています。

 

先方は、最初から、冷やかしの人も

います。

 

そんな時には、先方のカスタマーの予算を

聞き出したり、

 

興味のあるギターは何か、とか、

少し違う内容で揺すぶってみます。

 

すると、冷やかしは、連絡が来なくなるので、スグにわかります。

 

こんな感じで、やっていますが、

最後に、買いそうになったら

あと少しだけ値引くと言って

少しだけ下げることもあります。

 

ここで、大きく下げない方がいいです。

 

信用をなくすからです。

 

わたしは、本当に買いそうになったら、

無在庫販売の場合は、

スグにネットショップに連絡して、

ホールドにして、押さえて

しまいます。

 

通常、1日以内に決断しますので、

仕入れればよいわけです。

 

ご参考になったかどうか、

わかりませんが、

 

最終的に誠実に接していれば、

購入してくれることも多いです。

 

その秘訣の1つは、出来るだけ早く

返事を返すこと。

 

これが、最も重要です。

 

英語の上手い下手は関係ないです。

 

丁寧に接すること、でしょうか。

 

慣れてくれば、上手くいきますから、

大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です